ご存知ですか?「漢方薬」の世界。[漢方・鍼灸] 『 誠心堂薬局』をご紹介します。 ビューティ&リラクゼーション

更新日 2019/1/4
  • 2019年が始まりましたね!

    さて、新年第1回目のコラムは「漢方薬」です。

    漢方薬って使ったことありますか?

    「風邪を引いたときに粉末の葛根湯を飲むくらいだなぁ」
    という方、多いと思います。
  • 今回は、知られていそうでなかなか知られていない漢方薬について
    詳しくなるため、西館8Fにある[漢方・鍼灸] 『誠心堂薬局』に行って
    まいりました。
  • こちらのお店は、とくに子宝相談で来られる方が多い
    とのこと。

    今回は子宝相談に限らず、身体の不調に対する漢方相談が
    どんな流れですすむのか、ご紹介したいと思います。
  • まずはこちらのカウンターでいくつかの用紙に記入をします。
  • こちらは薬歴簿。問診票もかねているみたいですね。

    冷え性か、アレルギーがあるか、食欲があるか、
    月経痛が重いかなど記入をします。
  • さらに自分の考え方や行動ついて、とっても細かい項目を
    チェックしていきます。

    エゴグラムというそうです。

    「ここまでチェックするの!?」とビックリしました。
  • それらの用紙を提出し、チェックしてもらっている間に、
    血流測定器で血流血圧を測ります。

    血圧計はわりとどこにでもありますが、血流まで
    測定する機会は少ないのではないでしょうか?
  • 測定してもらった血流や血圧、先ほど用紙に記入した内容を
    もとに解説を受けます。
  • これらによると、どうやら私は血流が滞っていて、
    気が不足している状態のようです。

    それが体の冷えにつながっているとのこと。
    また動脈の弾力性も低いそうです……。
  • さらに、中医学アドバイザーのカウンセリングを受けて体質を詳しくチェックしてもらいます。
    原因や体質に関する説明を受け改善に向けたアドバイスをもらいます。
  • カウンセリングの中で舌の状態を見てもらいました。

    ここでもやはり、血の流れが悪い「瘀血(オケツ)」という
    状態であることと、気が足りていないことが指摘されました。
  • これだけの相談を経て、体の状況をしっかりと把握した上で、
    体質と目的にあった漢方薬を処方してもらいます。

    漢方薬は木の根や実、鉱物などの生薬が使われます。

  • 漢方薬の剤型は、大きく分けて煎じ薬粉薬錠剤の3種類があります。

    いちばんのおすすめは煎じ薬。

    漢方専門薬局である誠心堂のこだわりは、この煎じ薬で、粉薬、錠剤にくらべて効果の面で優れているからだそうです。

    土鍋や土瓶に600〜700ccの水と生薬をいれ、350ccくらいになるまで30〜40分ほど煮詰めます
  • 中医学スペシャリストである中医学アドバイザーからのアドバイスを
    もとに作られた、オーダーメイドの煎じ薬

    その言葉だけでも体調がよくなってきそうです!

    子宝相談はもちろん、それ以外の体調不良でも、
    一度誠心堂薬局に相談してみてはいかがでしょうか?
  • また鍼灸院も併設しているので、漢方薬とあわせて
    こちらも利用すると、効果がさらに高まるそうです。


    [漢方・鍼灸] 誠心堂薬局
    ジャンル 漢方薬、鍼灸
    フロア 西館8F
    営業時間 午前10時〜午後8時
    電話番号 03-6424-5798