保険相談サロンFLP

保険相談サロンFLP
保険相談サロンFLPは、20社以上の保険会社の中から、保険会社の枠にとらわれず、お客様のライフプランにぴったりの保険を、
MIプランナーがご提案させていただきます。
世の中に溢れすぎている保険。何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。
お申し込みから給付・変更手続きまで、人生経験豊かなMIプランナーが、お客様の立場に立って無料でご相談を承りますので、
お気軽にお立ち寄りください。
保険相談サロンFLP

ショップニュースSHOP NEWS

  • 更新日 2021/06/27

    保険の満期がきたら、更新すべき?見直すべき?

    保険に加入してから数年経過し、更新後の高くなる保険料を見て、見直しを考える・・・といったケースがよく見られます。

    ●保障が今の時代に合っているか?
    更新型タイプの保険には10年、15年、20年といった期間がありますが、
    10年の月日が経つと世間が様変わりするように、10年前は最新の保険商品でも、今ではもう古いという事が保険にも起こることがあります。
    特に医療保険の分野では医療技術、公的医療保険制度などが時代とともに変化しますのでその時代に合った新しい医療保険が発売されています。

    ●本当にライフプランに合ったものを
    定期的に訪れる更新手続きを面倒に感じて、安易に更新をする方もいます。
    しかし、保険の更新時期が来たら、保険のについて考えることをお勧めします。
    次の更新までの期間、自分のライフプランがどの様に変化するかを考えて、今の保険を更新するか、見直すかを決めていきましょう。


    世の中に溢れすぎている保険。
    何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ご来店、ご予約お待ちしております。
    WEB相談可能です。

    【ご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/moritake

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2021/06/17

    どんな場合に保険相談したほうがいいの?

    ■保険相談をするタイミングとは?

    生命保険や損害保険は様々なリスクに対して経済的なカバーをするための金融商品です。
    生命保険や損害保険を検討し加入するタイミングはライフイベント(結婚・出産・転職・退職など)が発生したタイミングなどを中心に人生において数多くあります。

    保険を検討し加入する場合、保険の考え方や保険商品の知識がわからないことが多く、保険のプロに相談をする場合がほとんどです。

    では、どんな場合に保険相談をしたほうがいいのでしょうか?

    詳細記事はこちらから↓
    https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/64625

    世の中に溢れすぎている保険。
    何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ご来店、ご予約お待ちしております。
    WEB相談可能です。

    【ご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/moritake

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2021/06/04

    相続における生命保険の4つの活用メリット

    ●生命保険の特徴

    遺産分割協議は相続人全員の合意がなければ遺産分割が完了しませんが、生命保険金は、受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。
    また、原則として生命保険金は特別受益にも該当しません。
    この、「遺産分割協議の対象外」ということによって下記のようなメリットがあります。


    (1)特定のひとに確実に生命保険金を残せる

    生命保険は受取人を設定することで、特定の相続人に特定の金額の保険金を確実に残すことができます。
    特定の相続人に多く残したいときなど有効です。


    (2)相続発生後すぐに現金化できる

    生命保険の保険金であれば受取人が書類を用意するだけで通常1週間程度で受け取ることができます。
    一方、相続財産は、相続人全員の共有財産として遺産分割協議が終わるまで凍結されてしまいます。


    (3)生命保険金を納税資金・代償金として活用できる

    生命保険の保険金は受取人の固有の財産として自由に処分することができますので、確実に納税資金を準備することができます。
    また、代償分割の際の代償金として使用することも可能です。


    (4)相続を放棄しても生命保険金は受け取れる

    生命保険金は、受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。したがって、相続を放棄しても生命保険金は受け取ることができます。


    ●専門家に相談しよう

    保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。

    あんしん相続サポートの詳細はこちら↓
    https://www.f-l-p.co.jp/succession

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line