保険相談サロンFLP

保険相談サロンFLP
保険相談サロンFLPは、20社以上の保険会社の中から、保険会社の枠にとらわれず、お客様のライフプランにぴったりの保険を、
MIプランナーがご提案させていただきます。
世の中に溢れすぎている保険。何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。
お申し込みから給付・変更手続きまで、人生経験豊かなMIプランナーが、お客様の立場に立って無料でご相談を承りますので、
お気軽にお立ち寄りください。
保険相談サロンFLP

ショップニュースSHOP NEWS

  • 更新日 2023/01/31

    『医療保険の入院給付金日額をいくらにすればいい?』

    皆様こんにちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店でございます!



    ■医療保険の入院給付金日額とは
    医療保険の入院日額とは、入院した時に受け取れる一日あたりの入院給付金の金額のことです。例えば、入院日額10,000円の医療保険(日帰り入院から保障されるもの)に加入していれば、入院日数×10,000円を受け取ることができます。一般的には5,000円〜20,000円の範囲で、1,000円単位で決めることができます。受け取れる給付金は実際にかかった治療費とは関係なく受け取れますので、入院日額を決める場合には、前述した「入院したらどんな費用がいくらかかるか」を知ることが重要になります。



    ■入院時の費用、いくらかかる?
    生命保険文化センターの調査による入院時の自己負担額の平均額は「20.8万円」となっており、1日あたりの自己負担額は平均で「23,300円」となっています。※過去5年間で高額療養費制度の利用有り無し両者の、治療費・食事代・差額ベッド代・交通費・衣類・日用品などを含む。



    ■医療保険の入院日額をいくらにすればいいの?
    では、医療保険の入院日額をいくらにすればいいのでしょうか。注意していただきたいのは、入院した場合の1日あたりの自己負担額の平均が2.3万円だからといって、必ずしも医療保険の入院日額は2万円必要というわけではないことです。統計データによる入院時の自己負担費用は参考にはなりますが、治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品など、非常に幅広い費用が含まれています。また、手術をした場合には手術給付金も受け取れますので、1日あたりの自己負担費用全額分をカバーする入院日額にする必要はありません。預貯金がある場合は、預貯金でまかなうのでその分入院日額を下げてもよい、という考えもあるでしょう。入院日額を高く設定すればその分保険料も高くなりますので、バランスが大切です。



    結論としては、医療費の自己負担額、健康保険が適用にならない費用の両方をカバーするという目的であれば、医療保険の入院日額給付金は10,000円/日を目安に検討するとよいでしょう。保険相談サロンFLPでは、医療保険を複数保険会社から無料で見積もり/相談が可能です。入院給付金日額の設定について、公的保障の内容や、医療費のデータなどをもとに保険のプロがアドバイスします。保険選びをスムーズに行うために、当社に相談してみてはいかがでしょうか。

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/30

    【無料】「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」開催中!

    こんにちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    最近よく耳にするNISA、iDeCo、変額保険など、
    将来に向けたお金の準備方法がありますよね。

    自分にできるかな?
    何かひとつでも始めたいけど、何が向いているんだろう・・

    そんなお悩みを解消します!
    未来のお金の育て方、学びませんか?

    投資初心者の方への「個別講座」になりますので
    お一人お一人の状況に合わせて、ゆったりご参加いただけます。


    ※講座は1時間を予定しております。
    ※ご相談後の強引な勧誘は一切いたしません。
    ※当イベントは投資・運用の考え方をお伝えするものであり、
    個別銘柄への投資判断・助言等、対応しかねる場合もあります。

    ご予約制となりますが、日時については、個別にご相談くださいませ♪
    皆様のご連絡、ご来店をお待ちしております!

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/29

    貯蓄があれば医療保険は必要ない?

    こんにちは。
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店でございます。

    最近よく「貯蓄があれば医療保険は不要」という言葉を耳にすることが多いと思います。
    貯蓄があれば医療保険は不要なのでしょうか?

    ★公的な医療保障がある
    民間の医療保険の加入を検討する前に、公的な医療保障を理解しておきましょう。
    日本は国民皆保険制度により国民全員が以下のような医療保障を受けられるようになっています。



    ①医療費の患者窓口負担
    健康保険証を病院の窓口で出すと医療費の自己負担額は3割負担(現役世帯の場合)になります。


    ②高額療養費制度
    家計に対する医療費の負担が過重にならないよう、1か月の医療費自己負担の上限が定められており、

    一定額を超えた場合に払い戻しが受けられます。
    現役世代で一般的な収入の人なら1ヵ月10万円程度、

    4ヶ月目からは一律44,400円の自己負担額で済みます。


    ③傷病手当金
    ※健康保険(会社員等)場合のみ。国民健康保険(自営業者等)は対象外

    傷病手当金とは、業務以外の理由により病気やケガの療養のため休業した場合、

    最長1年6カ月の間、標準報酬日額(月給や諸手当等を1日あたりで計算した額)の

    3分の2に相当する額が支給されます。(※賞与は対象になりません)



    民間の医療保険は、以上のような公的な医療保障を把握したうえで、

    上乗せ保障という位置づけで検討するとよいでしょう。



    ★医療保険の必要性は?
    以上の通り、公的な医療保障がありますので、短期の入院であれば数万円の自己負担で済みます。
    その場合は医療保険に加入しなくても預貯金があればまかなえる可能性が高いでしょう。
    ただし、入院には医療費以外に、入院時の食事代の一部負担、差額ベッド代、諸雑費、

    先進医療を受けた場合の技術料などがかかります。
    また、さらに心配なのは重いケガや病気になって長期の入院になった場合です。

    長期の入院に備えたい場合、預貯金だけでカバーするのは難しいでしょう。

    また、病気の治療費のために貯金をしているわけではないと思いますので

    入院や手術をした際に貯金を崩したくないお考えであれば、

    医療保険を持っていただくことをオススメします。



    〜迷ったらプロに相談を〜
    医療保険が必要かどうかは個人の価値観や、預貯金の状況などによりますので一概には言えませんが、

    公的な医療保障なども踏まえてしっかりと検討することが必要です。

    「保険料を払わないで預貯金でカバーする」のも一つの選択肢です。

    迷ったらプロに相談するのもよいでしょう!

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/28

    主婦に保険はいらないの?

    こんにちは!
    保険相談サロンFLPです。

    みなさんはご家族でどんな保険に入られているか把握されていますか?
    ご家庭をお持ちの方なら、一家の大黒柱であるご主人様の保険は手厚くされている方が多いのではないでしょうか。

    では奥様の保険はいかがでしょう?
    「生命保険は夫が入っているから大丈夫」
    「専業主婦だし、保険はいらない」
    そんなお話をたびたび耳にします。

    ですが、そんなことはありません!
    病気になった場合の治療費に、基本男女の格差はありません。
    特に大病、三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)になった場合、
    治療には時間とお金がかかってきます。

    その上家事が思うようにできなくなってしまうため、
    誰かの力を借りないと生活できなくなる可能性があります。

    最近は若い方でも乳がんや、子宮がんを患う方もいます。
    治療費+αでの大きなお金が必要となる場合がありますので、
    これをカバーしてくれる保障は必要になるでしょう。

    子育てをしながら、資産を準備している段階で大きな病気にかかって
    しまうことは、大きな経済的リスクが潜んでいると言えます。

    奥様に万が一のことがあった場合、、、
    ご主人が家事、育児、そして仕事をすべてこなすことは容易ではありません。
    そんな万が一に備えて負担をカバーできる保険の検討はとても大切なんです。

    お客様に合った保険をプロが無料でアドバイスさせていただきます。
    ご自身のため、ご家族のためにもぜひご検討ください。
    ご相談は何度でも無料です!

    ご来店を心よりお待ちしております♪

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/27

    【無料】タイルアートでオリジナルコースターを作ってみませんか?♪

    皆さんこんにちは!

    2/4(土)・5(日)11:00〜17:00
    グランデュオ蒲田3階 東西連絡通路にてイベントを開催いたします♪

    キラキラきれいなタイルアートで、自分だけのオリジナルコースターを作ってみませんか?

    ぜひぜひ親子でご参加ください♪


    《開催日時》
    2/4(土)11:00〜17:00
    2/5(日)11:00〜17:00

    《開催場所》
    グランデュオ蒲田3階 東西連絡通路

    《その他》
    ご予約不要・参加費無料・所要時間約15分♪

    グランデュオ蒲田にお越しの際は是非お気軽にご参加ください!
    みなさまにお会いできるのを楽しみにしています♬

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/27

    ★ご予約受付中★イチからわかる 投資・運用の始め方講座

    最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
    将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない。

    そんなお悩みを解消します!

    グランデュオ蒲田店にて
    「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」
    を開催いたします。

    ご予約制となります。
    ご連絡お待ちしております。

    フリーダイヤル 0120-529-813
     
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/26

    「眠っている資産…有効活用しませんか?」

    こんにちは♪保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です♪

    こんなお悩みありませんか?

    ○退職金や老後資金を上手に運用したい
    ○貯蓄性も備えた保険に加入したい
    ○相続対策を考えている
       という方…こんな商品はご存知ですか?

    「一時払終身保険」 
      保険料の払い込みを1回で終える終身保険

    特徴
    (1)告知が簡単で加入しやすい
    (2)一定期間後に解約すると、払込保険料よりも
       解約した場合に契約者に払い戻される金額が
       上回る
    (3)死亡保険金の非課税枠をつかうことで相続税の
       課税対象財産を減らすことができ、相続対策に
       向いている
    (4)終身保険のため、いつ相続が発生しても対応
       できる

    気になる方・加入を検討している方は
    是非お気軽にご相談ください!

    ご予約をお待ちしております。

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/25

    医療保険見直し相談キャンペーン実施中!

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    生命保険は入ったら終わりではなく、ライフプランの変り目など適切なタイミングで見直しをすることが必要になります。
    今入っている保険は、現在のライフプランに本当に合っているでしょうか?
    次のチェック項目に一つでも当てはまる場合は保険の見直しの時期かもしれません。

    (1)保険料を安くしたい
    (2)結婚した
    (3)更新(満期)が近く、新しいプランをすすめられている
    (4)子どもが生まれた
    (5)今入っている保険が自分に合っているか分からない
    (6)医療保険を3年以上見直していない
    (7)離婚した
    (8)比較して加入したことがない
    (9)住宅を購入した
    (10)定期的に健康診断を受けていて結果が良好な方

    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ★当店を初めてご利用のお客さま、医療保険の見直し相談をいただきますと、今ならドリンクチケットプレゼントがございます!この機会にぜひご相談ください!★

    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/24

    『医療保険の入院給付金日額をいくらにすればいい?』

    皆様こんにちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店でございます♪

    ■医療保険の入院給付金日額とは
    医療保険の入院日額とは、入院した時に受け取れる一日あたりの入院給付金の金額のことです。例えば、入院日額10,000円の医療保険(日帰り入院から保障されるもの)に加入していれば、入院日数×10,000円を受け取ることができます。一般的には5,000円〜20,000円の範囲で、1,000円単位で決めることができます。受け取れる給付金は実際にかかった治療費とは関係なく受け取れますので、入院日額を決める場合には、前述した「入院したらどんな費用がいくらかかるか」を知ることが重要になります。

    ■入院時の費用、いくらかかる?
    生命保険文化センターの調査による入院時の自己負担額の平均額は「20.8万円」となっており、1日あたりの自己負担額は平均で「23,300円」となっています。※過去5年間で高額療養費制度の利用有り無し両者の、治療費・食事代・差額ベッド代・交通費・衣類・日用品などを含む。

    ■医療保険の入院日額をいくらにすればいいの?
    では、医療保険の入院日額をいくらにすればいいのでしょうか。注意していただきたいのは、入院した場合の1日あたりの自己負担額の平均が2.3万円だからといって、必ずしも医療保険の入院日額は2万円必要というわけではないことです。統計データによる入院時の自己負担費用は参考にはなりますが、治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品など、非常に幅広い費用が含まれています。また、手術をした場合には手術給付金も受け取れますので、1日あたりの自己負担費用全額分をカバーする入院日額にする必要はありません。預貯金がある場合は、預貯金でまかなうのでその分入院日額を下げてもよい、という考えもあるでしょう。入院日額を高く設定すればその分保険料も高くなりますので、バランスが大切です。

    結論としては、医療費の自己負担額、健康保険が適用にならない費用の両方をカバーするという目的であれば、医療保険の入院日額給付金は10,000円/日を目安に検討するとよいでしょう。保険相談サロンFLPでは、医療保険を複数保険会社から無料で見積もり/相談が可能です。入院給付金日額の設定について、公的保障の内容や、医療費のデータなどをもとに保険のプロがアドバイスします。保険選びをスムーズに行うために、当社に相談してみてはいかがでしょうか

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/24

    【無料】「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」開催中!

    こんにちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    最近よく耳にするNISA、iDeCo、変額保険など、
    将来に向けたお金の準備方法がありますよね。

    自分にできるかな?
    何かひとつでも始めたいけど、何が向いているんだろう・・

    そんなお悩みを解消します!
    未来のお金の育て方、学びませんか?

    投資初心者の方への「個別講座」になりますので
    お一人お一人の状況に合わせて、ゆったりご参加いただけます。


    ※講座は1時間を予定しております。
    ※ご相談後の強引な勧誘は一切いたしません。
    ※当イベントは投資・運用の考え方をお伝えするものであり、
    個別銘柄への投資判断・助言等、対応しかねる場合もあります。

    ご予約制となりますが、日時については、個別にご相談くださいませ♪
    皆様のご連絡、ご来店をお待ちしております!

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/23

    むかしに入った保険の見直しは?

    こんにちは。
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    すごく昔に入った保険って見直した方がいいの?

    見直した方がいい場合があります。
    それは、見直すことにより保険料が安くなり、
    保障内容が良くなる場合があるからです。

    見直しによるメリット

    1)今の時代の治療方法に合ったもので保障が持てる
    以前は入院して治療するというケースが多かったのですが、
    現在がんは通院で治す時代ともいわれています。

    入院に対する備えを充実させていても、実際には長期通院で治療が行われるような状況ですと、
    思ったほど給付がもらえなかったりもします。

    ですので、入院一時金や通院への備えを充実させたプランへ変更されることをお勧めします。

    2)保険料が安くなる場合がある
    同じ保障内容でも保険料が安くなる場合があります。

    3)備えられる病気の幅が広がる
    以前は三大疾病というと「がん・急性心筋梗塞・脳梗塞」のように病気が限定されていました。
    ですが現在は「がん・脳血管疾患・心疾患」といったように病気に幅ができました。

    保険は一度入ったからそのままで大丈夫というものではないので、保障内容をご確認下さいませ。
    せっかく保険に入られているので、
    いざという時に価値あるものになるように備えて頂けたらと思います。

    当店では医療保険見直しキャンペーンを実施しておりますので、ぜひ一度お気軽にご相談くださいませ!

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/22

    【参加無料】お菓子釣りイベント♪

    こんにちは♪
    西館8階保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です!

    1/22(日)・1/28(土) お菓子釣りイベントを開催いたします♪

    場所:グランデュオ蒲田3階 東西連絡通路

    時間:グランデュオ×大田観光協会コラボ【レトロ】イベントの時間前後

    *イベント詳細*
    ー昭和のなつかしい大道芸ー
    1/22(日)バナナのたたき売り、ガマの油売り
    1/28(土)黄金バットなどの街頭紙芝居
    ①13:00 ②14:30 ③16:00(約30分)

    グランデュオ蒲田にお越しの際は是非お気軽にお立ち寄りください!

    みなさまにお会いできるのを楽しみにしています♬
    ★当店を初めてご利用のお客さま、医療保険の見直し相談をいただきますと、今ならドリンクチケットプレゼントがございます!この機会にぜひご相談ください!★

    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/22

    学資保険について

    お子様の教育資金はいつまでにどれくらい必要ですか?
    今の学資保険の状況、ご存知ですか?

    こんにちは。
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    教育資金はどれくらい貯める必要があるか?
    だいたいの目安として、
    私立大学(文系)500万円、私立大学(理系)700万円

    ★当社ホームページの教育資金シミュレーション
    教育費シミュレーション | 保険の無料相談や見直し・比較 | 保険相談サロンFLP【公式】 (f-l-p.co.jp)

    貯めたお金の受け取り方は?
    いくつか形があります。
    例えば
    大学入学時に一括で。
    5分割;大学1年、2年、3年、4年、就職前に。など
    ただ・・・、学資保険は今・・・。
    マイナス金利の影響で利率の良い学資保険は軒並み販売終了になっています。

    しかし!!
    当社では視点を変え、別の方法で備えることをご紹介しております。

    気になる方はぜひ、お店でお会いしてお話させてくださいませ。

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/21

    ★ご予約受付中★イチからわかる 投資・運用の始め方講座

    最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
    将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない。

    そんなお悩みを解消します!

    グランデュオ蒲田店にて
    「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」
    を開催いたします。

    ご予約制となります。
    ご連絡お待ちしております。

    フリーダイヤル 0120-529-813
     
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/21

    住宅を購入したら保険見直しは必要?団信の分だけ保険を減らしていい?

    住宅を購入したときにはどのように保険を見直せばよいのでしょうか。
    住宅ローンと保険の関係はどう考えればいいのでしょうか。

    ●住宅ローンを組む時に加入する保険
    住宅を購入するときに多くの方が住宅ローンを借りると思います。
    多くの金融機関は住宅ローンを組む際には団体信用生命保険の加入を義務づけており、ローン契約時に金融機関で加入するのが一般的です。
    団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)は、住宅ローンの返済中に、ローン契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社が、その時点の住宅ローン残高に相当する保険金を債権者に支払い、ローンが完済となる保険です。

    ●必要な保障額が変わる
    団体信用生命保険で住宅ローン分が保障されるので、いままで賃貸住まいを前提に遺族の住居費を保障額に加味していた場合、住居費分は保障額を減らしてよいことになります。
    また、住宅を買う場合、結婚や出産が同時に起こることもあるのでそれらも踏まえて総合的に保険を見直す必要があります。

    ●病気やケガの場合は住宅ローンの支払いは続く
    団信は契約者が死亡または高度障害になった場合の保障なので、病気やケガの場合は住宅ローンの支払いは続くことになります。
    ※特約を付けることでがんなどの特定疾病の場合にローンが完済となる団信もあります。

    大きな病気の場合、治療のため長期間にわたり職場復帰ができない場合があります。
    そうすると生活費や住宅ローンの支払いの負担は大きいものになります。
    そういったリスクに対する備えとして三大疾病保険やがん保険などがあります。

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/20

    医療保険見直し相談キャンペーン実施中!

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    生命保険は入ったら終わりではなく、ライフプランの変り目など適切なタイミングで見直しをすることが必要になります。
    今入っている保険は、現在のライフプランに本当に合っているでしょうか?
    次のチェック項目に一つでも当てはまる場合は保険の見直しの時期かもしれません。

    (1)保険料を安くしたい
    (2)結婚した
    (3)更新(満期)が近く、新しいプランをすすめられている
    (4)子どもが生まれた
    (5)今入っている保険が自分に合っているか分からない
    (6)医療保険を3年以上見直していない
    (7)離婚した
    (8)比較して加入したことがない
    (9)住宅を購入した
    (10)定期的に健康診断を受けていて結果が良好な方

    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ★当店を初めてご利用のお客さま、医療保険の見直し相談をいただきますと、今ならドリンクチケットプレゼントがございます!この機会にぜひご相談ください!★

    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/19

    引受基準緩和型の保険とは?

    こんにちは!
    保険相談サロンFLPです♪

    最近、CMなどでもよく聞く
    「持病や既往症がある方でも入れる」
    引受基準緩和型保険についてのご紹介です!

    実は「保険に入りたいけど、持病があるからなぁ...」
    とお考えの方も多いのではないでしょうか?

    そもそも引受基準緩和型とは、持病や既往症がある方、
    ご高齢の方でも簡単な告知だけで入れる、間口の広い保険です。

    3つほどの告知に、はい or いいえで答えていくだけで入れるかどうかが確認できます!
    また新商品の発売や、改訂により告知の質問内容も変わる場合がございます。

    まずは簡単な告知の質問を確認してみてください!
    ご興味のある方はぜひお気軽にご相談ください♬

    店舗の予約に関してはこちらから
    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/18

    ★ご予約受付中★イチからわかる 投資・運用の始め方講座

    最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
    将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない。

    そんなお悩みを解消します!

    グランデュオ蒲田店にて
    「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」
    を開催いたします。

    ご予約制となります。
    ご連絡お待ちしております。

    フリーダイヤル 0120-529-813
     
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/18

    三大疾病(がん・心疾患・脳卒中)はどういう病気?

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    三大疾病とは、「がん(悪性新生物)」「心疾患(急性心筋梗塞)」「脳卒中」の3つの病気のことをいいます。

    ①がんとは
    がんは、体のなかで発生したがん細胞が体に害を与える病気です。
    人間の体は約60兆個の細胞でできているといわれます。細胞は古くなると死滅しますが、同時に細胞分裂によって新しい細胞が生まれます。
    その中で突然変異や何らかの原因でがん細胞が発生してしまうことがあります。
    正常細胞は、体や周囲の状態に応じて、増えたり、増えることをやめたりします。
    一方、がん細胞は、体や周囲の状況を無視して増え続けるので、周囲の大切な組織を圧迫したり、壊したり、機能障害を引き起こします。
    また、がん細胞は血液やリンパ液にのって体のあちこちにひろがってしまいます(転移)


    ②心疾患(急性心筋梗塞)とは
    心疾患とは心臓に起こる病気の総称です。心疾患のなかでも深刻なのが「急性心筋梗塞」です。
    急性心筋梗塞とは、心臓の筋肉に血液を供給している血管(冠動脈)が動脈硬化などにより狭くなり、血流が妨げられることにより、
    心臓の筋肉が血液不足になり激しい発作(胸痛)が起こり、最終的に心臓が壊死してしまう病気です。


    ③脳卒中(脳血管疾患)とは
    脳卒中とは正式な病名ではなく、脳の血管の障害によって引き起こされる様々な病気(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)を総称した呼び方です。
    片側の手足の麻痺やしびれ、呂律が回らない、激しい頭痛、意識の混濁等の症状が突然起こるのが特徴です。


    FLPではお客様に三大疾病になった時に必要な保障はどの位かいうことを丁寧に分かりやすくご説明いたします。
    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    店舗の予約に関してはこちらから
    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/17

    「資産形成 3つの基本」

    資産形成とは、現時点で資産がほとんどない状態から少しずつ資産を着実に増加させていくことをいいます。

    平均寿命が長くなり、人生100年時代と言われますので、公的な年金に加え、
    老後に向けた自助努力が必要と考える方は多いのではないでしょうか。

    ここでは資産形成・資産運用でお金を増やしていくための3つの基本を解説していきます。


    ①分散投資でリスクを小さく
    分散投資とは、預金だけでなく、債券、保険、株式、不動産・・・などの複数の種類の商品に投資することをいいます。
    資産を分散することで、ある一つの商品の損失の影響を資産全体に及ぼすことを回避することができ、リスクを小さくすることができます。

    ②複利効果と長期運用で時間を味方につける
    複利とは、「元本+利息」に対して利子がつくことです。
    複利で運用すると、元本に利息を加えた合計「元本+利息」が新たな元本となり、継続的に運用されて元本がどんどん膨らんでいきます。
    これを複利効果といいます。
    運用を早く始めれば始めるほど、この複利効果がより大きく期待できます。

    ③ドルコスト平均法で高値掴みのリスクを回避
    ドルコスト平均法とは、購入するタイミングを分散することによって高値掴みによる元本割れのリスクを回避し、
    購入単価を平準化することをいいます。
    具体的には、株式や投資信託、外貨など、価格変動のある商品を購入する場合
    「毎月一定の金額を購入していけば、価格の安いときに多くの口(株)数を購入することができ、
    価格が高いときには少ししか購入することができず、長い目で見れば平均購入単価を低く抑えることができる」というものです。


    分散投資、複利効果(長期運用)、ドルコスト平均法(購入単価の平準化)これらを活用することで、
    リスクを軽減しながら資産を増やすことができます。

    資産形成をしたいがよくわからないなど
    少しでも興味ある方はぜひお気軽に店舗へご来店ください!

    店舗の予約に関してはこちらから
    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/16

    医療保険見直し相談キャンペーン実施中!

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    生命保険は入ったら終わりではなく、ライフプランの変り目など適切なタイミングで見直しをすることが必要になります。
    今入っている保険は、現在のライフプランに本当に合っているでしょうか?
    次のチェック項目に一つでも当てはまる場合は保険の見直しの時期かもしれません。

    (1)保険料を安くしたい
    (2)結婚した
    (3)更新(満期)が近く、新しいプランをすすめられている
    (4)子どもが生まれた
    (5)今入っている保険が自分に合っているか分からない
    (6)医療保険を3年以上見直していない
    (7)離婚した
    (8)比較して加入したことがない
    (9)住宅を購入した
    (10)定期的に健康診断を受けていて結果が良好な方

    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ★当店を初めてご利用のお客さま、医療保険の見直し相談をいただきますと、今ならドリンクチケットプレゼントがございます!この機会にぜひご相談ください!★

    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta


    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/15

    生命保険の保険料、みんないくら払ってる?

    生命保険の検討をする際に気になるのが、
    「みんなどれくらい保険料を払ってるの?」ということではないでしょうか。

    生命保険文化センターの調査によると、
    年間の払込保険料の平均は男性が24.1万円、女性が18.2万円となっています。

    月払いに換算すると男性が約20,000円、女性が約15,000円となります。

    あくまで平均額はこのくらいになりますが、
    保険は家族構成や世帯収入、将来のライフプランや保険に対する考え方によって
    選ぶ商品や当然支払う保険料も大きく違ってきます。
    保険を選ぶときは自分のライフプランをよく考えてそれに合った保険を選んでいきましょう。


    世の中に溢れすぎている保険。
    何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta
    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    生命保険は入ったら終わりではなく、ライフプランの変り目など適切なタイミングで見直しをすることが必要になります。
    今入っている保険は、現在のライフプランに本当に合っているでしょうか?
    次のチェック項目に一つでも当てはまる場合は保険の見直しの時期かもしれません。

    (1)保険料を安くしたい
    (2)結婚した
    (3)更新(満期)が近く、新しいプランをすすめられている
    (4)子どもが生まれた
    (5)今入っている保険が自分に合っているか分からない
    (6)医療保険を3年以上見直していない
    (7)離婚した
    (8)比較して加入したことがない
    (9)住宅を購入した
    (10)定期的に健康診断を受けていて結果が良好な方

    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ★当店を初めてご利用のお客さま、医療保険の見直し相談をいただきますと、今ならドリンクチケットプレゼントがございます!この機会にぜひご相談ください!★

    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/14

    ★ご予約受付中★イチからわかる 投資・運用の始め方講座

    最近よく耳にするNISA、iDeCo、など
    将来に向けたお金の準備、気になるけどよくわからない。

    そんなお悩みを解消します!

    グランデュオ蒲田店にて
    「イチからわかる 投資・運用の始め方講座」
    を開催いたします。

    ご予約制となります。
    ご連絡お待ちしております。

    フリーダイヤル 0120-529-813
     
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/14

    火災保険に水災の補償をつけるのはアリ?ナシ?

    ●水災とは
    火災保険でいう「水災」とは、台風・暴風雨・豪雨による洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れなどをいいます。
    近年は大型台風やゲリラ豪雨の発生が増えており、水災による被害への備えの必要性は大きくなっているといえるでしょう。

    ●水災の補償を受けられる条件
    水災の補償を付ければ、下記のいずれかの場合、保険金を受け取ることができます。
    •水災により、建物または家財それぞれの時価の30%以上の損害が発生した
    •床上浸水により損害が発生した
    •地盤面から45cmを超える浸水による損害が発生した

    ●水災の補償を付けるかどうかは選べる
    ほとんどの火災保険の場合、水災の補償を付けるかどうかを契約時に選べます。
    当然、水災の補償を付けたほうが保険料は高くなります。
    水災の補償を付けるかどうかはお住まいの地域の水災リスクを考慮して決めるとよいでしょう。

    ●水災リスクを確認して補償を決める
    自分が住む地域の水害に対するリスクがどの程度あるのか、把握するには各自治体が発行している「ハザードマップ」が有効です。
    あとは
    •海や河川が近くにあるかどうか
    •家が高台にあるかどうか
    •家の近くに土砂崩れが起きそうな斜面があるかどうか
    •マンションの場合、専有部分の階数
    なども参考に検討しましょう。
    火災保険にこれから加入する方は水災リスクを考慮したうえで、水災の補償を付けるかどうかを決めるとよいでしょう。
    火災保険に加入済みの方は、改めて自分が加入している火災保険で水災が補償されるか確認しておきましょう。


    当店では複数保険会社の火災保険をお見積りすることが可能です。
    火災保険加入中の方は、保険証券をお持ちいただくと、スタッフが現状のプランと新しいプランを比較しながら補償内容等の解説をいたします。

    お気軽にお問合せくださいませ。
    ご来店、ご予約お待ちしております。

     フリーダイヤル
     0120-529-813
     
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/13

    【保険ショップの特徴】保険会社への直接相談との違いとは?

    保険ショップとは、保険の見直しや加入について、無料で相談ができる窓口です。
    都合のよい時間に自分で保険ショップに来店し、保険のプロに保険相談をすることができます。



    ♪複数の保険会社を比較見積もり♪
    多くの保険ショップは複数の保険会社を取り扱う保険代理店ですので、複数の保険会社の商品を一つの窓口で比較見積もりすることができます。
    (一部、1社のみ取扱いの保険ショップもあります)
    同様の保障内容でも保険会社によって保険料が違うことは多く、より安い保険商品、より保障内容の充実した保険商品を見つけるには複数の保険会社を比較することは非常に有効です。



    ♪保険相談は何度でも無料♪
    保険は、加入してから長期間にわたって保険料を払い続けるのが一般的です。
    商品をきちんと理解し、十分に納得してから加入することが大切です。
    保険ショップで保険相談をする場合、基本的に相談は何度でも無料です。
    これは、お客様が保険に加入することで保険会社から手数料をもらえる仕組みになっているからです。



    ♪保険ショップでできること♪
    ・保険や家計についての相談
    ・保険の見直し
    ・保険の見積もり
    ・保険の契約手続き
    ・加入後のアフターフォロー


    保険ショップでは、保険のプロがお客様のお悩みをヒアリングし、
    一人ひとりに合った保険の提案をおこないます。
    提案に納得できた場合は、保険ショップで契約手続きをすることもできます。



    保険ショップと保険会社は何が違うの?
    多くの保険ショップは、複数の保険会社の商品を取り扱っています。
    そのため、さまざまな商品の中から比較、見積もりして自分に合った保険を探すことができます。

    一方、保険会社(保険会社職員)は所属する生命保険会社/損害保険会社、1社の商品のみ見積もり、契約することができます。

    複数の保険会社の商品を比較して選びたい人は保険ショップでの保険相談が有効です。
    あらかじめ、加入したい保険商品が決まっている場合には保険会社(保険会社職員)への保険相談が有効です。

    なお、同じ商品であれば、保険ショップで加入しても保険会社で加入しても保険料は変わりません。
    アフターフォローについては基本的にその保険ショップで契約をした保険についてのアフターフォローとなります。

    ご来店、ご予約お待ちしております!


    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/12

    医療保険見直し相談キャンペーン実施中!

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    生命保険は入ったら終わりではなく、ライフプランの変り目など適切なタイミングで見直しをすることが必要になります。
    今入っている保険は、現在のライフプランに本当に合っているでしょうか?
    次のチェック項目に一つでも当てはまる場合は保険の見直しの時期かもしれません。

    (1)保険料を安くしたい
    (2)結婚した
    (3)更新(満期)が近く、新しいプランをすすめられている
    (4)子どもが生まれた
    (5)今入っている保険が自分に合っているか分からない
    (6)医療保険を3年以上見直していない
    (7)離婚した
    (8)比較して加入したことがない
    (9)住宅を購入した
    (10)定期的に健康診断を受けていて結果が良好な方

    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ★当店を初めてご利用のお客さま、医療保険の見直し相談をいただきますと、今ならドリンクチケットプレゼントがございます!この機会にぜひご相談ください!★

    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/11

    【無料】1/12(木)相続相談会 予約受付中!!

    相続対策って、何からすればいいのか分からない
    ・そもそも相続税対策、した方がいい?
    ・既に相続が発生しているけど、何から手を付けたらいいか解らない
    ・相続の手続きを進めているけど納得いかないところがある
          ↓↓↓
       <相談会で解決!!>
    お一人お一人の状況に合わせてプロが親身にアドバイスします!
    【相続の基礎】
    ・相続の仕組み ・相続税がかかるかどうか
    ・相続人の確認 ・遺言状、財産のリストなどの作り方

    【具体的なご相談】
    ・生前贈与のプラン提案 ・相続税対策の方法提案

    いざという時「あわてない・争わない」ために相続対策・手続きを早めに始めてみませんか?

    ご来店、ご予約お待ちしております。

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/10

    相続対策は万全?8つのチェックポイント

    ◆相続について考えたことがない
    相続はいつか必ず発生する問題です。
    先送りにせず、まずは情報収集から始めましょう。

    ◆万が一の場合、家族が使える現金の準備ができている
    相続が発生すると葬儀代などまとまった出費が必要になります。
    相続が発生すると故人の銀行口座は凍結されてしまいます。
    家族が引きだせる現金があるか、もしくは生命保険等の保険金があると安心です。

    ◆自分の相続財産を把握している
    まずはどこにどのような財産があるか全て把握することが大切です。
    財産の多い少ないにかかわらず遺産分割の問題が発生する可能性があります。
    また、相続税がかかる可能性もあります。

    ◆相続税の計算や申告・納付の手続きを知っている
    相続税の申告・納付期限は、「相続発生の翌日から10か月以内」となっています。
    それまでにスムーズに手続きができるような準備が必要です。
    納税資金の準備も重要です。

    ◆保有している財産の大部分が不動産である
    不動産は分割の難しい財産です。
    相続人が複数いる場合、相続人がもめないような対策をすることが重要です。

    ◆相続にあたって、誰にどの財産を渡すか決まっている
    まずは相続財産の分割についての意思を固めることが大切です。
    被相続人の意思がなく、遺産分割協議において相続人同士の意見が食い違うと、トラブルの原因になります。
    被相続人の意思を実現するためには生前のうちに相続人に自分の意思を伝える、遺言を残すなどの対策が重要です。

    ◆遺産分割が円滑に進むように遺言を準備している
    相続人の不公平感や遺留分の問題を回避できるような対策が必要です。
    また、遺言が法的に無効にならないように、不備の無いようにしましょう。

    ◆相続対策のために生命保険を活用している
    生命保険は相続対策に関して、非課税枠の活用、確実に財産を特定のひとに渡せるなど、いろいろなメリットがあります。
    専門家に相談して検討しましょう。

    ◆困ったら専門家に相談を
    保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。
    https://www.f-l-p.co.jp/succession

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/09

    保険の満期がきたら、更新すべき?見直すべき?

    保険に加入してから数年経過し、更新後の高くなる保険料を見て、見直しを考える・・・といったケースがよく見られます。

    ●保障が今の時代に合っているか?
    更新型タイプの保険には10年、15年、20年といった期間がありますが、
    10年の月日が経つと世間が様変わりするように、10年前は最新の保険商品でも、今ではもう古いという事が保険にも起こることがあります。
    特に医療保険の分野では医療技術、公的医療保険制度などが時代とともに変化しますのでその時代に合った新しい医療保険が発売されています。

    ●本当にライフプランに合ったものを
    定期的に訪れる更新手続きを面倒に感じて、安易に更新をする方もいます。
    しかし、保険の更新時期が来たら、保険のについて考えることをお勧めします。
    次の更新までの期間、自分のライフプランがどの様に変化するかを考えて、今の保険を更新するか、見直すかを決めていきましょう。


    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/08

    医療保険見直し相談キャンペーン実施中!

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    生命保険は入ったら終わりではなく、ライフプランの変り目など適切なタイミングで見直しをすることが必要になります。
    今入っている保険は、現在のライフプランに本当に合っているでしょうか?
    次のチェック項目に一つでも当てはまる場合は保険の見直しの時期かもしれません。

    (1)保険料を安くしたい
    (2)結婚した
    (3)更新(満期)が近く、新しいプランをすすめられている
    (4)子どもが生まれた
    (5)今入っている保険が自分に合っているか分からない
    (6)医療保険を3年以上見直していない
    (7)離婚した
    (8)比較して加入したことがない
    (9)住宅を購入した
    (10)定期的に健康診断を受けていて結果が良好な方

    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ★当店を初めてご利用のお客さま、医療保険の見直し相談をいただきますと、今ならドリンクチケットプレゼントがございます!この機会にぜひご相談ください!★

    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/07

    がん保険見直しの4つのポイント

    こんんちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    がん保険の保障内容は、がん治療の進歩に合わせて次々とリニューアルしています。
    ここではがん保険の見直しのポイントを紹介します。

    ◆がん保険見直しのポイント
    ①診断給付金の金額と複数回受取れるかどうか
    ②通院の保障はあるか
    ③先進医療の保障はあるか
    ④付帯サービスはあるか

    現在がん保険に加入している方は、ぜひご加入中の内容を確認してみてください。
    お気軽にご相談くださいませ。

     フリーダイヤル0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/06

    資産形成とは?

    資産形成とは、現時点で資産がほとんどない状態から少しずつ資産を着実に増加させていくことをいいます。

    平均寿命が長くなり、人生100年時代と言われますので、公的な年金に加え、
    老後に向けた自助努力が必要と考える方は多いのではないでしょうか。

    ここでは資産形成・資産運用でお金を増やしていくための3つの基本を解説していきます。


    ①分散投資でリスクを小さく
    分散投資とは、預金だけでなく、債券、保険、株式、不動産・・・などの複数の種類の商品に投資することをいいます。
    資産を分散することで、ある一つの商品の損失の影響を資産全体に及ぼすことを回避することができ、リスクを小さくすることができます。

    ②複利効果と長期運用で時間を味方につける
    複利とは、「元本+利息」に対して利子がつくことです。
    複利で運用すると、元本に利息を加えた合計「元本+利息」が新たな元本となり、継続的に運用されて元本がどんどん膨らんでいきます。
    これを複利効果といいます。
    運用を早く始めれば始めるほど、この複利効果がより大きく期待できます。

    ③ドルコスト平均法で高値掴みのリスクを回避
    ドルコスト平均法とは、購入するタイミングを分散することによって高値掴みによる元本割れのリスクを回避し、購入単価を平準化することをいいます。
    具体的には、株式や投資信託、外貨など、価格変動のある商品を購入する場合
    「毎月一定の金額を購入していけば、価格の安いときに多くの口(株)数を購入することができ、
    価格が高いときには少ししか購入することができず、長い目で見れば平均購入単価を低く抑えることができる」というものです。


    分散投資、複利効果(長期運用)、ドルコスト平均法(購入単価の平準化)これらを活用することで、
    リスクを軽減しながら資産を増やすことができます。

    資産形成をしたいがよくわからないなど
    少しでも興味ある方はぜひお気軽に店舗へご来店ください!


     フリーダイヤル
     0120-529-813
     
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/05

    医療保険はお早めに。見えにくい女性の主な病気やリスク

    こんにちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    女性特有の病気には様々な病気があり、中には若いうちからかかりやすくなる病気もあります。
    病気になってから医療保険に入るのは難しくなる可能性があるので早めにご検討をおすすめいたします。

    女性特有の病気にはどのようなものがあるのでしょうか。主な女性特有の病気を紹介します。


    世の中に溢れすぎている保険。
    何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします!

     フリーダイヤル0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2023/01/04

    三大疾病(がん・心疾患・脳卒中)のリスクと三大疾病保険の必要性

    こんにちは!
    保険相談サロンF.L.P グランデュオ蒲田店です。


    日本人の平均寿命が伸び続けている中で、近年新たに注目されているのが生活習慣病(特定疾病)にかかってしまう「生前リスク」と呼ばれるものです。
    「死亡リスク」には生命保険で備えをしている方でも「生前リスク」に対する備えは全くしていないという方も多いようです。
    ここでは「生前リスク」に備える保険についての情報を掲載しています。



    がん・心疾患・脳卒中、この3つの病気を総称して「三大疾病」と言います。
    三大疾病は、日本人の死因の上位を占めている上に、治療費や介護費用が多くかかる傾向にあります。
    また、治療が長期間になることもあり、働けないことによる収入減少のリスクもあります。



    そういった三大疾病の経済的リスクに対しては、死亡保険や医療保険だけではカバーしきれないケースも出てくるため、
    三大疾病の経済的な備えに特化した「三大疾病保険」で備えることもできます。

    下記のポイントを分かりやすくお伝えしていきます。
    ・三大疾病はどういう病気か
    ・三大疾病にはどういうリスクがあるか
    ・三大疾病保険はどういう保険か

    お気軽にご相談くださいませ。
    皆様のご来店を心よりお待ちしております!

     TEL:0120−529−813
     
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line