保険相談サロンFLP

保険相談サロンFLP
保険相談サロンFLPは、20社以上の保険会社の中から、保険会社の枠にとらわれず、お客様のライフプランにぴったりの保険を、
MIプランナーがご提案させていただきます。
世の中に溢れすぎている保険。何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。
お申し込みから給付・変更手続きまで、人生経験豊かなMIプランナーが、お客様の立場に立って無料でご相談を承りますので、
お気軽にお立ち寄りください。
保険相談サロンFLP

ショップニュースSHOP NEWS

  • 更新日 2021/11/26

    【2022年10月】火災保険「値上げ+割安な10年契約の廃止」で保険料負担増

    台風や豪雨等の自然災害による保険金支払いの急増を背景として、2022年10月に
    ・火災保険料の改定(多くは値上げ)が実施されます
    ・割安な10年契約の火災保険が廃止、最長契約期間が5年になり、これも実質的な値上げとなります
    保険料負担を減らすには、値上げ前の火災保険の確認見直し、割引率の高い10年契約の検討が有効です

    詳細はこちらから↓YouTubeで解説しています!
    https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/60567

    当店では複数保険会社の火災保険をお見積りすることが可能です。
    火災保険加入中の方は、保険証券をお持ちいただくと、スタッフが現状のプランと新しいプランを比較しながら補償内容等の解説をいたします。

    お気軽にお問合せくださいませ。
    ご来店、ご予約お待ちしております。

    【ご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/moritake

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2021/11/19

    証券診断サービスキャンペーン開催!!

    みなさん、加入中の保険の内容、覚えていますか?

    保険のプロがご加入中の保険証券の整理・分析をいたします!!

    今ならこちらの証券診断サービスをご利用で
    グランデュオ蒲田内の「珈琲館」で使える珈琲館チケットをプレゼント♪
    お持ちいただいた証券1枚につき珈琲館チケットを1枚プレゼント(世帯最大4枚まで)

    ※証券診断サービスは30分〜1時間程度お時間をいただきます。所定のお時間をいただけない場合はキャンペーン対象外となります。
    ※グランデュオ蒲田内の「珈琲館」でのみ使用可能です。
    ※各世帯1回限りのプレゼントとなります。

    ご来店、ご予約お待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/moritake

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2021/11/05

    火災保険に水災の補償をつけるのはアリ?ナシ?

    ●水災とは
    火災保険でいう「水災」とは、台風・暴風雨・豪雨による洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れなどをいいます。
    近年は大型台風やゲリラ豪雨の発生が増えており、水災による被害への備えの必要性は大きくなっているといえるでしょう。

    ●水災の補償を受けられる条件
    水災の補償を付ければ、下記のいずれかの場合、保険金を受け取ることができます。
    •水災により、建物または家財それぞれの時価の30%以上の損害が発生した
    •床上浸水により損害が発生した
    •地盤面から45cmを超える浸水による損害が発生した

    ●水災の補償を付けるかどうかは選べる
    ほとんどの火災保険の場合、水災の補償を付けるかどうかを契約時に選べます。
    当然、水災の補償を付けたほうが保険料は高くなります。
    水災の補償を付けるかどうかはお住まいの地域の水災リスクを考慮して決めるとよいでしょう。

    ●水災リスクを確認して補償を決める
    自分が住む地域の水害に対するリスクがどの程度あるのか、把握するには各自治体が発行している「ハザードマップ」が有効です。
    あとは
    •海や河川が近くにあるかどうか
    •家が高台にあるかどうか
    •家の近くに土砂崩れが起きそうな斜面があるかどうか
    •マンションの場合、専有部分の階数
    なども参考に検討しましょう。
    火災保険にこれから加入する方は水災リスクを考慮したうえで、水災の補償を付けるかどうかを決めるとよいでしょう。
    火災保険に加入済みの方は、改めて自分が加入している火災保険で水災が補償されるか確認しておきましょう。


    当店では複数保険会社の火災保険をお見積りすることが可能です。
    火災保険加入中の方は、保険証券をお持ちいただくと、スタッフが現状のプランと新しいプランを比較しながら補償内容等の解説をいたします。

    お気軽にお問合せくださいませ。
    ご来店、ご予約お待ちしております。

    【ご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/moritake

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line