保険相談サロンFLP

保険相談サロンFLP
保険相談サロンFLPは、20社以上の保険会社の中から、保険会社の枠にとらわれず、お客様のライフプランにぴったりの保険を、
MIプランナーがご提案させていただきます。
世の中に溢れすぎている保険。何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。
お申し込みから給付・変更手続きまで、人生経験豊かなMIプランナーが、お客様の立場に立って無料でご相談を承りますので、
お気軽にお立ち寄りください。
保険相談サロンFLP

ショップニュースSHOP NEWS

  • 更新日 2022/09/28

    「地震による火災」は火災保険の対象外!?

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    みなさんは地震保険にご加入されていますか?
    地震が原因で発生した火災による被害は
    火災保険の対象にはならず、地震保険でカバーする必要があります。
    地震が発生した場合、建物の倒壊により道路の通行ができなくなるなどの事態が発生する可能性があります。

    そうした事態の下では、消防車が火災現場に到着できず、火災が燃え広がり、大きな被害が発生する可能性もあります。
    このように地震発生時には、通常の火災では想定できない広域火災に発展する可能性があるため火災保険では免責(保険金支払いの対象外)となっているのです。

    近年増えてきている「地震」。万が一が起こる前にご自身の火災保険が地震をカバーしているものなのかチェックしてみませんか?

    保険相談サロンFLPでは、複数社の火災保険のお見積もりを無料で承っています。
    また10月より火災保険の値上げに伴い、ご相談が増えております。
    この機会に一度、ご加入の内容を確認してみませんか?

    皆様のご相談を心よりお待ちしております!!


    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/27

    保険料支払いが厳しくなってきた時は・・

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    生活環境が変わって保険料の支払いが厳しくなってきた!
    解約しないといけないのかな?

    解約以外に、下記の方法があります。
    ・保険料の負担を軽くしたい時は「保険金の減額」

    保険商品の内容によって異なりますが、
    下記のお手続きができる場合もございます。
    ・一時的に払込が困難になった時は「(自動)振替貸付」
    ・途中から保険料を支払わずに契約を有効に続けたい時は
     「払済保険」「延長(定期)保険」

    解約してしまうと将来に対する備えがなくなってしまうので、
    万一があった時に困ってしまいますよね。

    この先余裕ができた時に再び新たな保険に入るのも良いのですが、
    その時のお体の状況によっては加入が難しくなることも考えられます。

    そして必然的に加入された頃と比べると年齢が高くなっているので
    保険料もその分高くなってしまいます。

    まとまったお金が今すぐ必要ということでなければ、
    解約するのではなく今の契約を維持する方法で検討されるのがいいと思います。
    お困りのことなど、お気軽にご相談くださいませ!

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/26

    眠っている資産...有効活用しませんか?

    眠っている資産…有効活用しませんか?
      
    ○退職金や老後資金を上手に運用したい
    ○貯蓄性も備えた保険に加入したい
    ○相続対策を考えている
       という方…こんな商品はご存知ですか?

    「一時払終身保険」 
      保険料の払い込みを1回で終える終身保険

    特徴
    (1)告知が簡単で加入やすい
    (2)一定期間後に解約すると、払込保険料よりも
       解約した場合に契約者に払い戻される金額が
       上回る
    (3)死亡保険金の非課税枠をつかうことで相続税の
       課税対象財産を減らすことができ、相続対策に
       向いている
    (4)終身保険のため、いつ相続が発生しても対応
       できる

    気になる方・加入を検討している方は
    是非お気軽にご相談ください

     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/25

    事故の賠償額とは

    こんにちは。
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    自転車の事故で1億円の賠償額ってどうして?

    それは被害に遭われた方が将来稼げたであろう金額を
    算出し、それを基に賠償額が決まるからです。

    被害に遭われた方の収入が高いと必然的に高額になってきます。
    さらに慰謝料と合わさって想像を絶する程の賠償額になってしまうのです。
    たった1回の何気ない事故で、今後の人生を左右されてしまうのはとても辛く悲しいものです。

    こういった状況を救ってくれるのが個人賠償という備えです。
    単品で持つことはできなく火災・自動車・傷害・自転車保険に特約として付けます。

    補償の内容によっては重複して加入していても、
    どれか一つからしか給付が受けられない可能性があります。
    多く入っているから手厚く備えているとは言えないのです。
    加入されている保険の補償内容や金額を確認し、
    どれにどれぐらい付けるのがいいのかを確認されるといいと思います。

    よく分からない方はご加入の保険証券をお持ちいただけましたら、
    内容を確認し最適な持ち方をご提案させていただきます。

    フリーダイヤル:0120-529-813
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/24

    どんな保険で備えたらいい?

    こんにちは。
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    65歳で病気に備える保険が切れてしまう。どうしよう?

    病気や介護などは終わりのないものですので、
    一生涯保障が続く終身保険が最適です。

    65歳という年齢ですと病気や死亡のリスクが高い為、
    保険料は高くなってしまいます。
    ただ、何も保障を持たないよりは、こういった保険に加入されるのがいいと思います。

    保険のタイプは、満期がある定期保険、
    生涯にわたって続く終身保険などさまざまです。
    今回のような満期がある保険が決して悪い訳ではありません。
    それは何に備えたいのか、何に対して不安を持っているのかによって
    選ぶ保険のタイプが違ってくるからです。
    それぞれにいい点がありますが、
    選び方を間違えるとデメリットになってしまうことがあります。
    もし保険選びに迷われたら、お電話もしくはご来店くださいませ。
    お客様のご希望を伺った後、お客様に合ったタイプの保険についてお話させていただきます。

     フリーダイヤル 0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/23

    最近話題の変額保険って何?

    最近つみたてNISAやidecoと並んで、よく「変額保険」という名前を耳にする方
    が多いかと思います。

    変額保険とは死亡保険金額や解約返戻金、満期保険金、年金の額が運用に応じて変動する保険です。
    ※変額保険は運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため

    運用実績により損失が生ずるおそれがあります。加入の際はその点を納得の上で選ぶ必要があります。
    変額保険の種類には、「終身型」「有期型(養老タイプ)」「年金型」などがあります。

    ■変額保険の運用方法
    特別勘定(ファンド)から選んで運用することができます。
    途中で運用比率を変更したりすることもできます。
    国内株式型、世界株式型、米国株式型、債券型、バランス型等大体8〜10種類程ファンドの
    種類があります。(保険会社によって種類が異なります。)

    ・運用が好調な場合
    死亡保障額は運用によって変動します。運用が好調な場合にはそれだけ保険金の金額も大きくなります。
    解約返戻金は運用により変動します。運用が好調な場合にはそれだけ解約返戻金の金額も大きくなります。

    ・運用が好調でない場合
    保障額は運用によって変動します。ただし保障については最低保証があり、最低保証額を下回ることはありません。
    解約返戻金は運用により変動します。解約返戻金には最低保証がありませんので、
    お金が必要となって解約するときに、株価下落で返戻金が減少しているということもありますので
    注意が必要です。

    ■変額保険のメリット
    ・インフレ対策になる
    一般的に保険はインフレに弱い金融商品です。
    インフレによって物価が上昇し、お金の価値が下がったとしても、
    将来受け取れる保険金額はあらかじめ決まっているからです。
    お金の価値が下がったのに受け取れる保険金額が一定ということは、インフレの場合には資産が目減りしてしまうことを意味します。
    それに対し、変額保険は、一般的にインフレに応じて保障額が増えていきます(運用実績によりますが)ので、インフレによる資産の目減りを防ぐ効果があります。

    ・運用によって増える可能性がある
    変額保険とは、死亡保険金額や解約返戻金、満期保険金、年金の額が運用実績に応じて増える可能性が
    あります。

    ■変額保険のデメリット
    ・運用によって損失が生じる可能性がある
    変額保険は、死亡保険金には最低保証がありますが、解約返戻金や満期保険金には最低保証はありません。
    つまり、運用実績によっては大きな損失が生じることもあります。

    ・投資信託と比較すると増えづらい
    つみたてNISAやidecoは積立の機能のみなのに対し、変額保険は死亡・介護・三大疾病等の
    保障が付いているので運用関係費というものがとられ、運用効率は悪くなります。

    いつまでにいくらくらい増やすのが目標なのか、目標に向かいどんな手段(つみたてNISA・変額保険等)
    で増やすのが、ご自身のお考えに合っているかをまずは一緒に考えていきましょう。

    是非、お気軽にご相談くださいませ。

     電話番号
     0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/22

    貯蓄できていますか?

    こんにちは
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です!

    みなさん、計画的に預金されていますか?

    「将来の出費や、老後が心配。。。」
    「お金を増やしたいけれど、どんな方法があるのかわからない」

    人生100年時代がやってくると言われています。
    物価上昇における出費拡大、年齢が上がると医療費も増えていきます。
    将来に備え、蓄えることに不安を感じている方も多いと思います。

    FLPでは資産運用の相談も無料で承っております。
    お客様のご意向に合わせて、
    運用していく方法をアドバイスさせていただきます。

    これから資産運用を始めてみたい、実際にやっている運用が
    自分に合っているのかなど、、、
    当店のスタッフ一同お手伝いさせて頂きます。

    ご相談は何度でも無料でございます。
    お気軽にご来店ください♪
     TEL:0120−529−813
     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/21

    いよいよです。【火災保険 2022年10月より値上げ】

    こんにちは♪保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です♪
    2022年10月に保険会社各社、火災保険の大幅な改定が確定しており、いよいよ差し迫ってまいりました。
    火災保険値上げに向けての見直しポイントについて再度ご案内します。

    主な改定の内容としては
    (1)火災保険料の値上げ(一部値下げ) 
    (2)10年契約廃止(最長契約が5年に)
    (3)建物及び家財の水濡れ、破損、汚損について自己負担額(免責金額)の引き上げ
    となります。

    ★チェックポイント★
    ①家を新築・購入予定
    ②加入中の火災保険の契約期間が10年未満
    ③加入中の火災保険の更新が近い
    ④火災保険に入る時に比較をしなかった
    ⑤火災保険に風災・水災の補償がついていない
    ⑥火災保険の補償内容が分からない。

    以上の6つのうち、1つでも当てはまった方は火災保険の補償内容を確認することから始めましょう。

    保険相談サロンFLPでは、加入中の火災保険の解説はもちろん、
    複数保険会社の火災保険について改定前後の保険料を比較しながら無料で見積もり/相談が可能です。
    見直しを検討されている方は、ぜひ当店までいらしてください。
    保険のプロが親身にアドバイスいたします。

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/20

    先進医療とは?医療保険でカバーできるの?

    こんにちは♪保険相談サロングランデュオ蒲田店です♪
    今回は先進医療についてです。

    ●先進医療とは
    先進医療とは、厚生労働大臣によって定められた高度な医療技術を用いた療養のことです。
    一般的な保険診療を受ける中で、患者が先進医療を希望し、医師がその必要性と合理性を認めた場合に行われます。

    ●先進医療は自己負担
    先進医療の技術料は健康保険の給付対象外となるため、全額自己負担となります。
    先進医療の費用は、その医療技術や医療機関および適応症等によって異なりますが、 数十万から数百万と高額になる場合があります。

    ●先進医療は時代とともに変化する
    先進医療は評価の結果により、健康保険の給付対象に移ったり、 健康保険の給付対象から外れたりと、時代とともに変化します。

    ●先進医療に対応した医療保険
    高額になる先進医療の自己負担額をカバーするため、先進医療を受けた際に給付金を受け取れる医療保険や特約があります。
    「通算上限金額」数百万〜数千万という限度の中で、先進医療の自己負担額全額を保障するというものが一般的です。


    世の中に溢れすぎている保険。
    何が必要でどれが自分に合っているのか、選ぶのはとても大変なこと。
    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    ご来店、ご予約お待ちしております。
    WEB相談可能です。

    【ご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【お電話でのご予約はこちら】
     TEL:0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/moritake

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/19

    個人賠償補償特約はどんな時に役立つ?

    こんにちは♪
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です!

    火災保険のご相談の際に、多くのご質問を頂戴する個人賠償についてですが
    過去にニュースにしておりました。ご興味のある方はご一読下さい。

    今回は「個人賠償補償特約」についてのご紹介です。
    突然ですが、あなたは損害賠償請求をされたらどうされますか?

    被害状況によっては少額からいきなり1億円という
    一生かかっても支払いきれるか分からないリスクを背負ってしまうかもしれません...
    高額な賠償費用をご自身のお金から負担いただくことになります。

    そんなときに助けになるのが、「個人賠償責任補償」です!
    個人またはその家族が、日常生活で他人にケガをさせてしまったり、
    他人の物を壊してしまったりして賠償責任を負ったときなどに
    発生した費用などを補償してくれます。

    保険のご相談はぜひ当店舗へお越しください。
    何度でも相談無料!
    保険のプロが親身にアドバイス
    30社以上の保険を比較できます

    ご予約はこちら
     TEL:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/19

    子どもにも医療保険は必要?

    こんにちは♪
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。
    今日はお子様の保険についてです。
    子どもが生まれると、教育資金を貯めるために学資保険に加入される方が多いです。
    しかし、子どもの医療保険を検討される方はあまり多くありません。
    それは公的な子ども医療費の助成制度があるからです。

    子ども医療費助成制度とは、子どもの入院・通院にかかる医療費が無料になる制度です。
    各自治体によって子どもの対象年齢にバラつきがあります。
    例えば、「小学校就学まで」「小学3年生まで」「中学3年生まで」という形です。
    詳しくはお住まいの自治体に確認してみましょう。

    しかし、本当にこの助成だけで安心して大丈夫なのでしょうか?
    子どもが入院した場合、子ども医療費助成制度ではカバーできない出費を伴うこともあります。

    【続きはこちらから↓】
    https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/5029

    保険のご相談はぜひ当店舗へお越しください。
    何度でも相談無料!
    保険のプロが親身にアドバイス
    30社以上の保険を比較できます

    ご予約はこちら
     TEL:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/18

    生命保険(死亡保険)の必要額の目安を世帯パターン別に解説します

    生命保険の保険金額はどのくらい必要なのでしょうか。
    世帯パターン別の保険金額の目安を紹介します。


    (1)独身世帯の場合の生命保険の必要額
    独身時代は大きな死亡保障は必要ありません。
    自分に万が一のことがあった場合に葬儀代を準備しておきたいということであれば、200万円〜300万円の保険金額があれば十分です。
    貯蓄がある場合、生命保険は特に必要ないでしょう。

    (2)結婚した場合(共働きの場合)の生命保険の必要額
    共働きの場合、基本的に子どもがいないうちは大きな保障は必要ありません。
    独身の場合と同様、葬儀代を準備したいという考えがあれば、200万円〜300万円あれば十分だと考えます。

    (3)結婚した場合(専業主婦/主夫の場合)の生命保険の必要額
    専業主婦/主夫の場合、一家の働き手が死亡してしまった場合、遺された配偶者が一時的に無収入になってしまいます。
    遺された配偶者がすぐに就職できそうであれば、葬儀代の200万円〜300万円の保険金額があれば十分です。
    すぐに就職できそうにない場合は、一家の働き手の年収をひとつの目安にして保険金額を設定するとよいでしょう。

    (4)子どもが生まれた場合の生命保険の必要額
    夫婦のどちらかが死亡してしまった場合、残された配偶者と子どもだけで生活していかなくてはなりません。
    多くの場合、残された配偶者は働きながら子育てをすることになります。
    そのため、遺された家族がしっかりと生活していけるような保障を確保する必要があります。
    目安は3,000万円〜8,000円ほどになりますが,
    住宅が持ち家か賃貸か
    公的な保障や会社からの保障はどれくらい受けられるか
    子どもの教育プラン
    などによって大きく必要額が変わってくるのでしっかりと必要額を計算して死亡保険金額を設定しましょう。

    ご相談はぜひ当店まで。

     電話の予約に関してはこちらから
     0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/17

    保険は本当に必要?初めての保険で失敗しないポイント

    こんにちは♪保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です♪

    保険は大きな買い物。「失敗したくない」と思うひとも多いでしょう。
    初めて保険に加入するときに失敗しないためにはどうしたらいいのでしょう。

    保険はそもそも必要?

    人生で起こるリスクのすべてを保険でカバーすることができるわけではありません。
    まずは自分の中で優先順位を付けることが大切です。そして、「どんなリスクに備えたいのか」を確認しましょう。
    預貯金がある場合など、リスクカバーの方法が“生命保険ではない”という選択もあるかもしれません。

    信頼できるプランナーに出会うことが近道

    ネットや雑誌には膨大な保険の情報があふれています。情報収集は大切ですが、情報が多すぎて混乱しないようにしたいものです。
    そんなときには、セカンドオピニオンでもいいので、経験豊富なプロに相談してみることも手段のひとつです。
    相談したら、「説明を聞いて、きちんと理解できているうちに自分で判断・選択をする」事が大切です。
    「信頼できるプランナーに出会うこと」これが失敗しない一番の近道かもしれません。

    ご相談の際にはぜひ当店をご利用ください。保険のプロが親身にアドバイスいたします。

     電話の予約に関してはこちらから
     0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/16

    変額保険ってどんな保険?

    変額保険とは保障と貯蓄を兼ね備えた保険です。
    最大の特徴は、保障(死亡保険金額)や、貯蓄(解約返戻金・満期保険金・年金の額)が、
    運用に応じて 「変動」 することです。

    「変動」とは
    運用が好調な場合は、保障、貯蓄ともに増加します。
    運用が不調な場合は、保障、貯蓄ともに減少しますが、『保障は最低保険金額を下回ることがありません』

    運用先は、保険会社によって変わりますが、複数の特別勘定(ファンド)から選んで運用することができます。
    途中で変更することもできます。

    株式や債券での運用となるため、変額保険の貯蓄は運用次第で元本割れのリスクがあります。
    ただ、使い方によってはそのデメリットを上回るメリットがあります。

    ①保険料:同じ保障額ならば、定額型の終身保険よりも変額終身保険のほうが、保険料は安くなります。

    ②死亡保険金:最低保証がありますし、運用によっては死亡保険金額が増える可能性もあります。

    このように、死亡保険金の受取りを目的とし、解約をしない前提であれば、
    一生涯の保障を安い保険料で確保しながら、運用次第で大きな保険金を準備することができます。

    また、死亡保険は長期で持たれることが多いため、株式などの運用とも相性がよいと言えます。
    長期運用であれば、複利の効果を活用できることや、十分な情報を仕入れることが可能な時間があることなど、
    短期運用よりもリスクをコントロールしやすいという利点があります。
    長期の運用だとiDeCo、積立NISAなど耳にされることがあると思います。

    店舗では、iDeCo、積立NISA、変額保険の違いや、必要保障額・老後生活資金のシミュレーションなど、
    FPによるアドバイスを受けられます。

    老後への備えをスムーズに行うために、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

    電話の予約に関してはこちらから
     0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/15

    ストレス回避してますか?

    こんにちは。保険相談FLPグランデュオ蒲田店です♪

    今日は「ストレスの回避方法について」

    仕事、人間関係、子育てなど、どこにでも付きまとうストレス。このストレスは残念ながら消滅しません。
    ストレスを感じるしくみ、ストレスの回避方法を下記にて紹介していきます。

    ストレスは全て脳から感じている
    過度なストレスがかかってくると、代謝や免疫機能に影響する、自律神経の働きを弱めてしまいます。
    うつ、老化などに大きく関与しており、特に免疫機能や体の中の酵素、ホルモン分泌など、
    自己治癒力に関するものの多くは心の状態に関係しているといわれています。
    心や体にかかってくる外からの力、心配事や不安感、疲労感などが長く続くと

    脳へのストレスになってきます。そのストレスが長く続くと、

    次第にオーバーヒートを起こし、体の免疫力が低下して、脳では神経細胞が壊れていくといわれています。
    これまで、様々な研究によりストレスによって脳が大きなダメージを受けることが証明されており、
    長く続くストレスを抱え込まない環境や、回避できるような措置が必要となります。

    ★ストレスの回避方法
    主な脳の休ませ方を紹介します。

    ・お腹を意識した腹式呼吸をしてみる。
    ・音楽を聴いて、嫌なことを少しでも忘れる瞬間を作る。
    ・アロママッサージなどで体を癒す。
    ・足のマッサージ
    ①足の裏1本ずつをぐるぐる回します。
    ②足の指の間に手の指を入れ、足首を回します。
    ③手の親指で、足の裏全体を揉みほぐします。



    適度な運動をする、生活習慣を見直してみる等もストレスを回避する方法の1つだと

    いえるでしょう。環境(仕事や働き方等)を変えることも考え方の1つではありますが、

    なかなか勇気が必要だと思います。もしストレスで体調を崩した際に入院したり

    お仕事ができなくなった時の公的な保障の確認、民間の保険で備えることを
    しっかり知っておくと良いと思います。

    その際はぜひ当店でご相談くださいね。

     電話の予約に関してはこちらから
     0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/14

    FPが無料で作成『ライフプランシミュレーション』

    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です!
    現代は「人生100年時代」と言われています。
    例えば70歳まで働いたとしても、そのあとに30年のセカンドライフがある計算です。

    人生にはいろいろなライフイベントがありますが、
    「お子様の教育費(生活費)」や「住宅ローンの返済プラン」等
    大きくお金が動くライフイベントについては、慎重なプランの検討が必要です。

    なぜなら、セカンドライフはこれらの後にやってくるので、
    それまでの過ごし方に大きく影響を受けるためです。

    当店はライフプランシミュレーションの作成を行っており、
    「どうやってライフプランを考えたらいいか」迷われている方に
    好評なコンテンツのひとつです。

    お話はファイナンシャルプランナー資格保有者が伺いますので、
    シミュレーション結果を人生にどのように活かしていくかまで、ご相談いただけます。

    『シミュレーションをまだ見たことのない方』
    『過去に見たシミュレーションのセカンドオピニオンとして』

    ぜひ一度お試しください!

    人生100年時代で気になる生活資金/介護/健康、どう準備すればいい?
    https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/46056

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/13

    相続における生命保険の4つの活用メリット

    こんにちは
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です!
    相続における生命保険の4つの活用メリットについてご紹介します。

    ●生命保険の特徴
    遺産分割協議は相続人全員の合意がなければ遺産分割が完了しませんが、生命保険金は、受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。
    また、原則として生命保険金は特別受益にも該当しません。
    この、「遺産分割協議の対象外」ということによって下記のようなメリットがあります。

    (1)特定のひとに確実に生命保険金を残せる
    生命保険は受取人を設定することで、特定の相続人に特定の金額の保険金を確実に残すことができます。
    特定の相続人に多く残したいときなど有効です。

    (2)相続発生後すぐに現金化できる
    生命保険の保険金であれば受取人が書類を用意するだけで通常1週間程度で受け取ることができます。
    一方、相続財産は、相続人全員の共有財産として遺産分割協議が終わるまで凍結されてしまいます。

    (3)生命保険金を納税資金・代償金として活用できる
    生命保険の保険金は受取人の固有の財産として自由に処分することができますので、確実に納税資金を準備することができます。
    また、代償分割の際の代償金として使用することも可能です。

    (4)相続を放棄しても生命保険金は受け取れる
    生命保険金は、受取人固有の財産であるため、遺産分割協議の対象外となります。したがって、相続を放棄しても生命保険金は受け取ることができます。

    ●専門家に相談しよう
    保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。
    https://www.f-l-p.co.jp/succession


    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/12

    がんによる収入減少への備え方

    こんにちは♪
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    がんによる収入減少への備え方についてご紹介します!

    がんにかかった場合、異動や休職、転職、退職など何らかの形で就労状況が変わり、収入が減ってしまう可能性があります。
    東京都の調査によると、がん罹患後、「個人の収入が減った」という人は56.8%に上ります。

    働いて収入を得ている方は、がんになった時の備えにはがんの治療費だけではなく、
    働けなくなった場合や収入が減った場合のことも考えておく必要があります。
    ここでは、がんによる収入減少に対して備える方法を紹介します。

    <保険で備える方法>
    ①がん保険
    がん保険のがん診断給付金は、がんと診断された時点で一時金が支払われる給付金で、がん保険の基本保障の一つです。
    一括で支払われたお金を治療のためだけでなく、生活を守るための収入の補てんにすることもできます。

    ②生前給付保険(三大疾病保険)
    三大疾病(特定疾病)保険とは、三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)により所定の状態と診断された際に、一括で保険金が支払われる保険です。
    一括で支払われたお金を、治療のためだけでなく生活を守るための収入の補てんにすることもできます。

    ③就業不能保険/所得補償保険
    病気やケガによって働けない状態になった場合に、毎月、給与のように給付金が支払われます。
    ※「働けない状態」という基準は保険会社によって異なりますので確認が必要です。

    ④住宅ローンの保険
    住宅ローンを組む時に契約する「団体信用生命保険」には、三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)により所定の状態と診断された際、住宅ローンの支払いが免除されるタイプがあります。


    皆さま、がんによる収入減少への備え方は十分でしょうか?
    是非お気軽にご相談くださいませ♪

     電話の予約に関してはこちらから
     0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/11

    生命保険の見直しが必要?10のチェックポイント!

    こんにちは!
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です♪

    生命保険は入ったら終わりではなく、ライフプランの変り目など適切なタイミングで見直しをすることが必要になります。
    今入っている保険は、現在のライフプランに本当に合っているでしょうか?
    次のチェック項目に一つでも当てはまる場合は保険の見直しの時期かもしれません。

    (1)保険料を安くしたい
    (2)加入中の生命保険の内容がわかっていない
    (3)結婚した
    (4)子どもが生まれた
    (5)住宅を購入した
    (6)子供が独立した
    (7)離婚した
    (8)定年退職した
    (9)老後資金が不安
    (10)相続対策が気になる

    FLPではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

    オンライン相談も可能です!
    皆様のご予約、ご来店心よりお待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/10

    火災保険値上げについて

    台風や豪雨等の自然災害による保険金支払いの急増を背景として、2022年10月に
    ・火災保険料の改定(多くは値上げ)が実施されます。
    ・割安な10年契約の火災保険が廃止、最長契約期間が5年になり、これも実質的な値上げとなります。
    保険料負担を減らすには、値上げ前の火災保険の確認見直し、割引率の高い10年契約の検討が有効です!

    詳細はこちらから↓YouTubeで解説しています!
    https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/60567

    当店では複数保険会社の火災保険をお見積りすることが可能です。
    火災保険加入中の方は、保険証券をお持ちいただくと、スタッフが現状のプランと新しいプランを比較しながら補償内容等の解説をいたします。

    さらに今なら火災保険のご相談いただいたお客様に
    グランデュオ蒲田内の「ラ・メゾンアンソレイユターブル」で使える500円分チケットをプレゼント♪

    ※所定のお時間をいただけない場合はキャンペーン対象外となります。
    ※当店を初めてご利用の方に限ります。
    ※各世帯1回限りのプレゼントとなります。(他のキャンペーンとの併用不可)
    ※家財保険(賃貸向け保険)はキャンペーン対象外です。
    ※グランデュオ蒲田内の「ラ・メゾンアンソレイユターブル」でのみ使用可能です。

    ご来店、ご予約お待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/09

    ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

    こんにちは♪
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。
    ファイナンシャルプランナー(FP)をご存知でしょうか?

    資産相談に関する専門家です。

    ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お客様の資産に関する情報を収集・分析し、お客様のライフプランやニーズに合わせた貯蓄、投資、保険、税務、不動産、相続・事業承継等についてのプランを立案し、アドバイスを行う、資産相談に関する専門家をいいます。

    ファイナンシャルプランナーは、お客様の人生の計画(ライフプラン)の実現のための長期的かつ総合的な視点でアドバイザーになります。
    保険相談サロンFLPの相談スタッフは、ほとんどが国家資格である、FP技能士(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得しています。

    保険のご相談はぜひ当店舗へお越しください。
    何度でも相談無料!
    保険のプロが親身にアドバイス
    30社以上の保険を比較できます

    ご予約はこちら
     TEL:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/08

    生命保険 掛け捨て型と積立型、どちらを選んだらいい?

    こんにちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    保険を検討する際に、掛け捨て型と積立型のどちらに入ったらいいのか
    迷われている方も多いのではないでしょうか。
    本日は、それぞれの違いについてお話しします。

    ・掛け捨て型の保険とは?
    解約してもお金が戻らない、もしくは途中で解約した時に僅かなお金が
    戻ってくるが満了時にはゼロになる保険です。
    その反面、毎月の保険料が割安です。
    保障重視の保険なので、一定期間厚い保障を効率的に準備したい場合に
    適しています。

    ・積立型の保険とは?
    解約するとお金が戻り、保障を得ると同時に貯蓄もできる保険です。
    積立部分があるため、掛け捨て型と同じ保障額でも保険料が割高になります。
    ※支払った保険料よりも解約返戻金が下回ってしまう場合もあります。

    ・保険選びのポイント
    どちらが得、どちらが損というのはありません。
    それぞれに特徴があるので、自分に必要な保障額や保険の目的等によって
    選ぶことが重要です。
    両方の商品をうまく組み合わせることもポイントになります。

    必要な保障、型は1人1人違います。
    保険相談サロンFLPでは、無料で何度でも保険の相談をすることができます。
    お気軽にご来店ください。ご予約お待ちしております。

    ご予約はこちら  
     TEL:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/07

    初めて聞く保険会社だけど、大丈夫?

    こんにちは♪
    保険相談サロンFLP グランデュオ蒲田店です。

    なないろ生命ってはじめて聞いたかも?
    保険会社、たくさんあってよく分からないなぁ・・・

    保険商品を選ばれる際、あまり知らない保険会社の保険に入ることを躊躇される方も
    いらっしゃると思います。
    しかし下記のように、国内の大手生命保険会社が子会社として、
    代理店専用の保険会社を作っています。

    ●なないろ生命⇒朝日生命
    ●はなさく生命⇒日本生命
    ●メディケア生命⇒住友生命
    ●ネオファースト生命⇒第一生命
    ●T&Dフィナンシャル生命⇒太陽生命&大同生命

    大手の生命保険会社と比べ人件費が比較的おさえられる為、
    保険料が比較的安い傾向にあります。

    同じ保障内容で保険料が安いようでしたら、
    代理店専用の保険会社の商品も選択肢のひとつに加えられてもいいのではないでしょうか?

    当店でも上記保険会社の商品のお取り扱いがございます。
    是非お気軽にご相談下さいませ。
    お気軽にお問い合わせください♪

     ご予約はこちら
     TEL:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/06

    保険料が人によって違うのはなぜ?

    保険料が人によって違うのはなぜ?
    こんにちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。

    保険料は性別や加入時のお身体の状況によって違ってきます。

    持病がある人とない人で払う保険料って変わるの?
    ⇒持病がある人はそうでない人と比べて、保険料が高くなります。

    職業によっては入れなかったり保障が違ったりするの?
    ⇒危険なお仕事をされている方は加入できなかったり、保障が限られることがあります。

    男性と女性とで保険料って違うの?
    ⇒保険料は男性の方が高くなります。

    保険は病気や死亡など万が一のためにみんながお金を出し合って備える
    「助け合い」をもとに成り立っています。

    ご病気がある方はそうでない方と比べて
    病気・死亡などによって保険金を支払う機会が必然的に多くなります。
    全ての方が同じ保険料で、健康上のリスクの高い方が多く加入されると、
    保険料の支払いが多くなってしまい最終的に払うべき時に
    保険金が払えない状況に陥ってしまい不公平が生じます。

    男性の平均寿命は82歳、それに比べ女性の平均寿命は88歳です。
    男性の方が死亡するリスクが高いため、保険料は男性の方が女性と比べ高くなっているのです。

    保険というシステムを維持するために、
    健康上のリスクが高い方にはその分保険料を多く支払っていただき
    「入ってくるお金」と「出ていくお金」のバランスを保っているのです。

    保険料や加入条件は各社違います。
    お考えに一番近い商品をご案内させていただきます。

    ご相談は何度でも無料です!

    お気軽にお問い合わせください♪
     
    ご予約はこちら  
     TEL:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/05

    見直してみよう!生活習慣(生活習慣病について)

    こんにちは。保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店でございます。

    本日は生活習慣病について。

    生活習慣病は毎日の生活習慣の積み重ねによって発症したり、進行したりするものです。

    どのような生活習慣が生活習慣病の原因になるのでしょうか。

    ★食生活の乱れ
    日本人の食生活は戦後の復興とともに一汁三菜の基本とした日本式の和食から、欧米的な食事

    が増えてきました。

    ファーストフード、コンビニの弁当やスナック菓子、スーパーのお惣菜などが普及し

    油や肉類、卵、バターなどの動物性脂肪が多く使われた食品が増えた結果、肥満の人口が増え

    生活習慣病の増加へとつながっています。

    また、不規則な食事は体脂肪をためこみやすい体になってしまいます。

    「朝食を摂らないとメタボリックシンドロームのリスクが高くなる」という調査結果もあるほどです。



    ★飲酒や喫煙
    お酒は適量であれば血行の改善やストレス解消、精神的なリラックス効果をもたらしてくれますが

    飲みすぎてしまうと消化器系のがんや糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風といった様々な疾患の原因と

    なってしまいます。

    たばこは他の生活習慣病に比べ死亡リスクが高く、がんの発生や動脈硬化の原因ともいわれています。



    ★過労やストレス
    過剰なストレスは血圧や血糖値が上昇することが現在明らかになっており、高血圧や糖尿病になるリスクも高くなります。疲れやストレスがたまってくると免疫力も低下し、感染症にかかりやすくなります。



    ★運動不足
    運動不足は肥満になるだけでなく、血圧・血糖値・コレステロール値・中性脂肪値などに影響を及ぼします。また、疲れやストレスを増幅させ、がんの原因になることもあります。



    ★老化
    血管の細胞が老化すると、動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞、脳卒中の原因となります。また、老化していくにつれ免疫力も下がりますので、がんにかかるリスクも増えます。



    ★遺伝
    親や兄弟に糖尿病や高血圧、がんにかかった方がいた場合、同じように生活習慣病になりやすい

    と言われています。正確には遺伝というよりも同じような生活習慣を送っている可能性が高いことからそのように考えられています。

    [監修:公益財団法人 朝日生命成人病研究所]



    生活習慣病の予防には毎日の生活改善がどうしても必要です。

    いきなり生活習慣を変えるのは難しいと思いますが、少しずつ生活の中に取り入れていき

    徐々に生活習慣を改善していきましょう。(毎日20分は運動する・休み中も規則正しく生活する等)

    また、生活習慣を見直すと同時になった時の対策についてもしっかり考えておきましょう。

    保険も手段の一つで、七大疾病保険や八大疾病保険等がございます!

    相談は何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください♪
    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/04

    教えて!介護保険

    こんにちは!
    保険相談サロンFLPグランデュオ蒲田店です。
    40歳以上は自動的に加入となる公的介護保険。
    任意加入できる民間の介護保険の違いを紹介します。

    詳細はこちら
    https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/1927

    日常で利用する機会の多い医療保険と違い、
    介護保険は利用している人やその親族でない限りわかりづらいものです。

    公的介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスや、1ヶ月あたりの支給限度額が定められており、
    支給限度額の1割が自己負担額となります。
    また、限度額を超えてサービスを利用した場合は、超えた分が全額自己負担となります。
    こういった、介護が必要になった際の経済的なリスクをカバーするのが民間の介護保険です。

    保険相談サロンFLPでは、無料で何度でも介護保険の相談をすることができます。
     フリーダイヤル:0120-529-813

     店舗の予約に関してはこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

     お客様の声を聞かせてください。
     https://g.page/FLPkamata/review?rc

     店長の紹介はこちらから
     https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/03

    【9月30日まで】火災保険値上げ直前!火災保険相談キャンペーン開催中

    台風や豪雨等の自然災害による保険金支払いの急増を背景として、2022年10月に
    ・火災保険料の改定(多くは値上げ)が実施されます。
    ・割安な10年契約の火災保険が廃止、最長契約期間が5年になり、これも実質的な値上げとなります。
    保険料負担を減らすには、値上げ前の火災保険の確認見直し、割引率の高い10年契約の検討が有効です!

    詳細はこちらから↓YouTubeで解説しています!
    https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/60567

    当店では複数保険会社の火災保険をお見積りすることが可能です。
    火災保険加入中の方は、保険証券をお持ちいただくと、スタッフが現状のプランと新しいプランを比較しながら補償内容等の解説をいたします。

    さらに今なら火災保険のご相談いただいたお客様に
    グランデュオ蒲田内の「ラ・メゾンアンソレイユターブル」で使える500円分チケットをプレゼント♪

    ※所定のお時間をいただけない場合はキャンペーン対象外となります。
    ※当店を初めてご利用の方に限ります。
    ※各世帯1回限りのプレゼントとなります。(他のキャンペーンとの併用不可)
    ※家財保険(賃貸向け保険)はキャンペーン対象外です。
    ※グランデュオ蒲田内の「ラ・メゾンアンソレイユターブル」でのみ使用可能です。

    ご来店、ご予約お待ちしております!

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/02

    まんがでよくわかる!「はじめての保険相談」

    「保険ショップでの保険相談をしたことがない」
    「どんな風に相談が進むのかわからないので不安」
    という方のために、保険相談サロンFLPでの保険相談の流れをまんがで解説します。

    ※まんがでのご提案内容は一例です。
    店頭ではお客様一人一人のライフプランに合わせたご提案をさせて頂きます。

    続きはこちらから↓
    https://www.f-l-p.co.jp/manga-hajimete


    保険相談サロンF.L.Pではお客様に必要な保障は何かということを明確にし、生活に欠かせない保険を、丁寧に分かりやすくご説明いたします。
    ご来店、ご予約お待ちしております。


    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line
  • 更新日 2022/09/01

    【無料】9/28(水)相続相談会 予約受付中!!

    相続対策って、何からすればいいのか分からない
    ・そもそも相続税対策、した方がいい?
    ・既に相続が発生しているけど、何から手を付けたらいいか解らない
    ・相続の手続きを進めているけど納得いかないところがある
          ↓↓↓
       <相談会で解決!!>
    お一人お一人の状況に合わせてプロが親身にアドバイスします!
    【相続の基礎】
    ・相続の仕組み ・相続税がかかるかどうか
    ・相続人の確認 ・遺言状、財産のリストなどの作り方

    【具体的なご相談】
    ・生前贈与のプラン提案 ・相続税対策の方法提案

    いざという時「あわてない・争わない」ために相続対策・手続きを早めに始めてみませんか?

    ご来店、ご予約お待ちしております。

    【WEBでのご予約はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/kamata

    【電話でのご予約はこちらから】
    0120-529-813

    【お客様の声を聞かせてください】
    https://g.page/FLPkamata/review?rc

    【店長の紹介はこちらから】
    https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/kikuta

    シェアする

    • twitter
    • facebook
    • line